新着情報

月例フォーラム

 3月は東大のお医者さんで且つ我が国の伝統・文化にも詳しい
矢作直樹先生をお招きしました。
先生は死後世界の存在を主張し「人は死なない」を上梓し18万部又「おかげさまで生きる」は30万部を突破。ご期待ください。

  1. 日時:3月4日(土) 15:00~17:00(含む質疑応答)
  2. 場所:高田馬場FI(エフアイ)ビル8階多目的ホールJR高田馬場駅バスロータリ正面 一階にドンキホーテがあります。
  3. 演題:「我が国のかたち」
  4. 懇親会:講演後同じ場所で懇親会を行います。矢作先生もご参加されますのでフォーラムでは聴けなかった事をお聴きしたり参加各位相互の懇親を深めてください。
  5. 会費:会員1500円、非会員2000円・懇親会 3500円
  6. 申込み:フォーラム・懇親会の別を明記の上山口宛申し込を
    お願いします。
    山口:info@sakimori-japan.org 携帯:090-4539-3117

更新情報

2017/ 2/ 3
葛城の直球&曲球 「神事に使われた日本の大麻」
2017/ 1/ 30
1月フォーラム報告 「講師 松木國俊氏」
2017/ 1/ 5
会長 葛城の直球&曲球 「新年に思う「祭りの力」」
2016/12/26
会長 葛城の番組 「葛城奈海・防人の道NEXT 12月」
2016/11/10
会長 葛城の番組 「葛城奈海・海幸山幸の詩 #24」


上に戻る

防人と歩む会とは

会長 葛城奈海

葛城奈海 不肖私が会長を拝命して丸一年となる平成28年度の総会が、4月9日、無事終了致しました。まずは、日頃から当会の活動を支えてくださっている皆様に、厚く御礼申し上げます。
 総会から僅か5日後、熊本大地震が発生しました。被災者の救助に2万5千人規模の自衛官が投入され、東日本大震災以来となる即応予備自衛官の招集も決定しています。(4月19日現在)
 このようにして窮地に陥った国民の役に立つことで、自衛隊と国民との絆はますます深まるでしょう。しかし、それで「自衛隊=災害救助隊」という印象が固定化されないよう留意することも忘れてはなりません。
 自衛隊の本義は、日本国の平和と独立を守ること。
 戦後71年、見せかけの「平和」の陰で数百人もの国民が北朝鮮に拉致し続けられてきたこと。「話し合い」が通じない国から同胞を救出するために自衛隊を使おうと考えることすらできないほど思考停止していること。国体を失いつつあること。そうした本質的な問題から目を背けることなく、自衛隊と国民との健全な関係を築いていくべく、本会は活動していきたいと思っています。
 今後とも、当会の活動へのご理解とご支援を、何卒宜しくお願い致します。
平成28年4月吉日

 防人と歩む会 会長 葛城奈海

>> 葛城奈海をもっと知る

上に戻る


理事長 宮内瑞生

「防人と歩む会」の前身「防人を励ます会」は、終戦時に海軍兵学校の生徒であった数名の方々を中心に、2008(平成20)年11月に設立されました。
ただ設立当時の役員の方々は、帝国海軍と縁が深く、考え方や行事等が海上自衛隊を中心に偏り勝ちになる傾向がありました。
しかし一昨年より森本前副理事長・葛城新会長の全ての防人と共に歩んで行こうという新たな意向も汲んで、名称も「防人と歩む会」と改正され、陸海空自衛隊のみならず海上保安庁、警察、消防等一身を擲って国民の為に貢献している人々も、防人と認識して、歩みを共にすることと致しました。
輝かしい日本の文化伝統・悠久の歴史を正しく学び、先人が築き上げてきたこの美しい日本を子孫に引き継ぐ為、自ら率先して我が国の平和と安全を担う防人諸官と一体感を持って、当会は民間の立場からその活動を支えていきたいと考えます。
今回の総会にあたり、葛城会長の元で、一致協力して、益々会を拡充させ、発展させていきたいと思います。
平成28年4月吉日

防人と歩む会 理事長 宮内瑞生

上に戻る


防人と歩む会フェイスブック

ブログ入口

会のフォーラムやイベント情報掲載

入会案内

入会案内
志を同じくする方は、ぜひ会員となって防人と共に歩んで参りましょう。

お問い合せ

事務局

事務局長 山口勇治
TEL 090-4539-3117
Eメール info@sakimori-japan.org